投資とトレード


投資と投機(トレード)の違いを知っていますか?
「投資と投機」または「投資とトレード」とも言いますが、当サイトでは「投機」ではなく「トレード」と表現を統一して説明をします。

「投資」とは、将来的に利益を得るために資金をなんらかの資産購入に投じて保有することです。

資産は売り買いすることで、あなたの代わりに利益を生み出してくれる、または、今後需要が生まれる可能性のある株式や債券、不動産などを指します。

長い目でコツコツと資金を増やしていく特徴があるのが投資です。

一方、「トレード」とは、利益を見込んで資金を投じるという点では同じですが、短期間で大きなリターンを目指す手法のことです。
トレード先の価格の変動を予想して値ざやによる利益を得ることを目的としています。

たとえば、「長期投資」「短期投資」などという言葉を聞いたことがあると思いますが、

正確に言えば、「長期投資」「短期トレード」です。

投資と投機(トレード)
  • 投資  ;長期的な価値の上昇や収益性を期待して保有する行為
  • トレード;短期的な価格変動を利用して利益を得ようとする行為

株式でも1日のうちに購入、売却を繰り返すデイトレードはトレードにあたるでしょう。

また、商品先物取引は将来の価格変動を回避(ヘッジ)する手段として利用する以外は、トレードと考えるべきです。

トレード例

投資例

FX(外国為替証拠金取引)、暗号資産(仮想通貨、デジタル)なども、その性質上、長期的な投資視点で保有する場合を除けば、短期的な利益を狙う売買であり、見解はさまざまでしょうが、トレードだと考えるべきです。

投資とトレードルの違いは、長期的か短期的かの違いがあることを忘れないでください。

意味

投資 利益を見込んで、資産に 自己資金を投じること 株、債券、不動産など
トレード 機会に自己資金を 投じること FX、先物商品、 暗号資産など
貯蓄 お金を蓄えること (短期、長期) 普通預金、定期預金など

投資のメリット・デメリット

自己資金が増える

投資のメリットの一つに、預金よりも自己資金が増える可能性があります。

安全性の高い資産運用の1つの預金ですが、流動性が高いという利点がある反面、収益性が低く、現在メガバンクにおける普通預金金利は年率0.001%。100万円を1年間普通預金しても利息は1,000円です。

投資で長期的に資産を購入、運用するのであれば、収益性は投資対象や機会にもよりますが、預金より利益率(利回り)は高くなります。

一方、投資のデメリットの代表的なのが、元本の保証がないことです。
しかし、投資を研究して元本割れの可能性を軽減できる投資先や期間を選択すれば、リスクを最大限回避し、自己資金を増やす可能性が高まります。

将来の教育費や老後資金を確保するには、値上り益や分配益などが期待できて、銀行の預金利息よりも、利回りの高い資産に余剰資金を投資することが有益ではないでしょうか?

投資のメリット
  • 預金よりも自己資金が増える可能性がある
  • 預金より資金が増えるスピードが速い
  • つみたて投資は、少額資金でも始められる
投資のデメリット
  1. 元本割れの可能性がある
  2. 短期で利益を出すのは難しい
  3. 投資先によってリスクや利回りが変わる

投資に絶対はなし

金融商品は、元本割れを起こし、最悪の場合、100%失ってしまうリスクの原因の1つが「暴落」です。

株や債券などの金融資産を長期に保有している場合、暴落は必ず起こることです。

ここ35年の間に起きた大暴落は以下のように何度も起きています。

  1. 1987年:ニューヨーク発、全世界を株安にさせた「ブラックマンデー」。
  2. 2002年:米国のIT企業の9割が倒産した「lTバブルの崩壊」。
  3. 2008年:投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻から世界金融危機に波及した「リーマンショック」。
  4. 2020年:新型コロナウイルス感染が世界に広がりパニックとなった「コロナショック」。

暴落の原因は誰にもわかりません。予測もできません。

優秀な経済学者、金融や投資のプロでもでも、後付けでしか原因の解説はできません。

「暴落が起こるのはあたりまえのことだ。」と余裕の心構えでいられるような投資を目指すことが必要でしょう。

NISAならできる3つの投資リスク軽減

投資にまわす資金(生活余剰金)を、どうすればリスクを最大限軽減して投資の初心者が成功するために必要なのは、以下の3点です。

  1. 「長期投資」資金を長期間、15-20年間運用する
  2. 「分散投資」地域、特性で値動きのことなる資産に
  3. 「非課税」新NISAなどを活用する

この3点のメリットを説明します。

【1】長期投資のメリット

  1. 収益の安定
  2. 複利の力が利用できる

収益の安定
収益の安定が生まれる理由は、金融資産を長期にわたって持ち続ける長期投資では、投資の初期では利益が出なくても、長期的に見て収益を平均化できることです。

また、1985年からこれまで20年間、信頼できる投資先であれば誰も損をしていないというデータ(Guide to the Markels|Japan |2Q 2021 ~J.Pモルガン・アセット・マネジメン})もあります。

複利の力が利用できる
複利は、利息計算方法のひとつです。古代ローマ法にも記述がある利息の概念で、相対性理論で有名なアインシュタイン博士が「人類最大の発明」と残すなど、長期の投資パワーを最大化させてくれます。

「複利」は、数年間ではその効果がわかりにくいですが、10年20年と運用期間が長くなればなるほど効果が絶大になります!

  • 複利:元金(元手)とそれまでの利息を合わせた金額に利息がつく
  • 単利:元金(元手)のみに利息(利子)がつく


【2】分散投資のメリット

分散投資で価格変動のリスクを減らす

さまざまなものがある投資の対象となる資産は、株式でも国や地域によってその特性が違い、常に同じ値動きをするわけではありません。

債券は、株と対比的な値動きをするので、分散対象になります。

このように、「分散投資」は、値動きの違いに着目し、同じ方向に価格が動かないように組み合わせをする、また投資時期を集中させずに資産を購入することを言います。

株式相場の世界では、先人が、その経験を基にして、さまざまな格言を残しています。

欧米で古くから言われる「Don’t put all your eggs in one basket.」

「タマゴは1つの籠(かご)に盛るな」


「卵を1つの籠にすべてタマゴを乗せたら、その籠を落としたときに全部割れてしまいまうが、複数の籠に卵を分散すれば1つの籠を落としても、籠の卵が割れて駄目になったとしても、他のカゴの卵は影響を受けずにすみ、やがて「ヒヨコ」が生まれ鶏(にわとり)に育つ可能性がある」との意味で、分散投資を行うことにより資産が安全でいられるというたとえです。

【3】非課税のメリット

「非課税」を利用しないと損をする


非課税を利用するとは、新NlSAを活用して投資をすることです。

NlSAを活用することで、生涯、最大1,800万円までその利益は非課税になります。

現在、株の売り買いは利益に対して20.315%の税金がかかりますので、株式売買で100万円利益が出たら約20万円の納税義務があるのをNlSAでは、納税義務が無くなるというわけです。

つまり、2041年に60万円で利益がでた場合でも、また2061年から40年間運用して200万円に利益が膨らんでいたとしても、税金がかからなくなったのです♪

非課税の期間がずっとつづく、とても大きなメリットです。NISA口座での投資

「ネット取引」と、「対面取引」

商品先物・NISAなどの投資を取引する方法は大きく分けて2通りあります。

対面販売中の「投資顧問」

「ネットトレーダー」

投資顧問 トレーダー

インターネットを介した「ネット取引」と、投資会社の担当者をアドバイザーにした「対面取引」です。

以下に、「ネット取引」と、「対面取引」の特徴をまとめましたが、当サイトでは、ネットで取引できる投資や投機の会社を紹介してますので、「ネット取引」の詳細を説明を説明していきます♪

ネット取引の特徴
  1. 取引手数料が安い
  2. マイペースで取引できる
  3. さまざまな情報、分析ツールが使える
  4. モバイル対応ならどこでも取引できる
対面取引の特徴
  1. 相場の分析がタイムリーに聞ける
  2. 初心者でも丁寧なアドバイスを受けられる
  3. アドバイザーと取引方針を決めておける
  4. 情報を集めておいてくれる

 

手数料激安!マイペースでできる!

ネット取引の魅力はなんといっても手数料の安さです。

モバイル対応をしている業者も多いので、時間や場所を選ばないのもネット取引の大きなメリットです。

株取引でもFX取引でも、ネット取引の提供会社は、多様な分析ツールや情報の提供に努めています。

分析ツールや情報で知識を蓄え取引のコツをつんで、インターネットによる商品先物取引に励めば、ネット取引の特徴を最大限に引き出せます。^^

夜間の急な価格変動にも即座に対応可

取引に時間と場所の制約を受けない大きなメリットがあるネット商品先物は、日本の夜中に海外で予想外のニュースが流れたり、重要な経済指標が発表されて相場が急変するような価格変動にも即座に対応出来ます。

ネット取引は取引所の注文受付終了時間まで受注しますから、夜間取引時間の途中で注文受付を終了してしまうケースもある対面取引に比べて、急な価格変動時の優位性は大きいのです。

ネット取引はモバイル機能を備えていますから、スマホ(スマートフォン)や携帯電話があれば、国内の外出先や、海外からの注文発注も可能です。

デモ取引で学ぶ

ネット取引では、プロのアドバイスを対面取引で受けられません。

しかし、投資やトレードの取引に精通していない初心者の方でもネット取引業者の大多数の会社が提供しているバーチャルトレード(仮想売買)のデモサービスを利用してネット先物取引を勉強して慣れることによって、対面取引の長所をネット取引に活かせます♪

売買シュミレーションを繰り返して注文の出し方を理解したら、内外の市況はもとより、時々刻々と変わる価格を分析するためのさまざまなツールが用意されていますので、それらを活用して、取引戦略を立てる訓練を重ねます。

そうすることで、自然と投資テクニックは向上していくでしょう!

自分の損益状況を瞬時に把握可能

更に、ネット商品先物取引の特徴は、自分のポジジョンにどれくらいの利益や損失が発生しているのかを瞬時に把握できるる点にあります。

つまり、このことにより、預け入れ証拠金や委託証拠金の額などの自分の現在の取引口座状況を把握できるため、今後の取引戦略を価格変動の予測に合わせて、構築しやすくなります。

株でもFXでもネット取引では、この取引戦略に基づく注文の発注を可能にするシステムが備わっていることが、かなりの利点です。

商品先物取引のはじまりは?

およそ300年前、大阪の近くにある堂島取引市場に集まった米商人たちが、現代のデリバティブ(金融派生商品)産業を生み出しました。

それは、コメ商人たちは古典的な経済上の問題に直面していたからでした。

米の売価が、生産コストよりも大きな振れ幅で変動するため、米商人たちの経済状況は極めて不安定になっていたのでした。

お米の季節

そこで、彼らは将来の決められた日付に、あらかじめ定まった価格で米を届けることを記す証書を書き始めました。

市場が進化するに連れ、実際に米を一切保有せずとも、証書だけを取引することが可能になりました。

さて、このように、およそ300年前に始められたたデリバティブ取引の先物取引ですが、2つの点において特筆すべきでしょう。

手数料

まず、先物取引が、事業の不安定を取り除きたいという、米商人の実需から生まれたこと。

そして、これらの取引を編み出したのが米商人であり、を行っている何年もの高等教育を受け、洗練されたコンピューターの収支予測モデルを持つ金融家ではなかったことです。

およそ300年前の米商人の金融イノベーションは米の生産という、現実に価値を生み出す経済活動に根ざしていたのです。

米商人は、いつの間にかグローバル経済の大半を支配し、それ自身が自己目的化した金融エンジニアリングの類ではなかったのです。

「現在のデリバティブトレーダーのうち、いったいどれだけの人が、自分が取引している商品のことを理解しているのだろうか?」

「ある企業から債券を買い入れ、それを商品先物や為替相場の変動に対してヘッジしようとする時、トレーディングを始めるよりも前に、原油を触ったり、実際にコーヒーなどの商品を触ったり、香りを嗅いだりしたり・・・・・彼らはその取引の原資産となっている有形の資産について考えることがあるのだろうか?」

「エクセルで収支予測を作ったり、パワーポイントで戦略プレゼンテーションを作ったりすることに没頭している経営幹部やコンサルタントがどれほどいることか?」

など、など、江戸時代の堂島取引市場に集まった米商人たちに思いを馳せると考えてしまわないでしょうか?

当サイトでは、商品先物取引及び、NISAなどの投資やFXなどのトレードの基礎知識を載せてみました。

また、オンライントレードで取引が出来る業者を比較するページを載せてます。